いつでも、元気な薬剤師です。


<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧



<掘り出しニュース>ツイッターで商店街ににぎわいを 香川・高松でセミナー(毎日新聞)

 インターネットサービス「Twitter(ツイッター)」を使って商店街のにぎわいづくりや情報発信について考えるセミナーが30日、高松市常磐町1、香川大の「ミッド・プラザ」であり、約50人が参加した。

 ツイッターとは、140字以内で自分の気持ちや情報を「つぶやく」サービス。「フォロー」という機能があり、フォローした投稿者のつぶやきを自分のページで見ることができる。

 セミナーでは、マーケティングリサーチ会社社長の加藤崇さんとコピーライターの人見訓嘉さんが講演。加藤さんは、字数制限のあるツイッターの魅力を「論理ではなく感覚を共有すること」と話し、読んでもらうポイントとして、旬な言葉を入れる、話し言葉で書くことなどをアドバイスした。人見さんは「常磐街のメディアとしてツイッターを活用できないか」と提案。「ネット上だけでなく現場と同調していくことが大切」と語った。

 香川大大学院生の中野裕介さん(34)は、ツイッターと地域カード「IruCa」などを組み合わせた新しいシステム「twikiwa(トゥイキワ)」の構想を発表。ツイッターに登録していない人でも地域カードを使って参加でき、情報共有できるというもの。中野さんは「まだまだツイッターのユーザーが少なく、構想段階。賛同してもらい、常磐街を拠点としてにぎわいづくりになれば」と話していた。【三上健太郎】

<岐阜市長選>告示 無所属の4人が立候補 2月7日投開票(毎日新聞)
外国人参政権の「不適切」出題 大学入試センターの対応めぐる批判の底流(産経新聞)
<脅迫>首相官邸と小沢氏事務所に銃弾?送付(毎日新聞)
<鳩山首相>施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
「どこにいました?」「どこですか?」 微妙な位置関係を追及する弁護人(産経新聞)
[PR]
by 6gklfrkmfe | 2010-02-06 01:45


<名張毒ぶどう酒事件>死刑囚側が反論の意見書を提出(毎日新聞)

 三重県名張市で1961年、農薬入りのぶどう酒を飲んで女性5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」で、再審開始決定の取り消しを不服として最高裁に特別抗告している奥西勝死刑囚(84)の弁護団は29日、最高裁に最終弁論に当たる意見書を提出した。

 意見書では、検察側が09年10月に最高裁に提出した答弁書に対する反論をまとめた。奥西死刑囚が犯行に使ったと自白した農薬の性質上、現場のぶどう酒から検出されるはずの物質が検出されなかったことについて、検察側は答弁書で「検出されなかった物質は、検出された他の物質に比べて発色力が弱く検出されなかった」と主張。これに対し弁護団は意見書で「検察側の説明では科学的合理的説明がつかない。犯行に使われた農薬は他の農薬だったと考えるほかない」としている。

 記者会見した鈴木泉弁護団長は「最高裁が再審開始決定を出すことを強く期待しているし、確信している」と話した。【式守克史】

【関連ニュース】
布川事件:再審確定 無罪の叫び 重い扉を開く
名張毒ぶどう酒事件:奥西死刑囚84歳に 名古屋で支援者たち「再審開始を」 /愛知
名張毒ぶどう酒事件:奥西死刑囚84歳に 名古屋で支援者ら「再審開始を」 /三重
布川事件:再審確定 無実の叫び、扉開く 「証拠隠し」許せぬ
生と死の間:「名張事件」の半世紀を問う/5止 獄中は常に死の恐怖

<民放連>会長に広瀬・テレビ朝日顧問の3選内定(毎日新聞)
鳥取不審死、36歳女を殺人容疑で逮捕へ(読売新聞)
<通貨偽造>金庫の1万円札抜き取り、コピーを戻す 孫逮捕(毎日新聞)
<党首討論>17日開催で与野党合意 初の鳩山首相対自・公(毎日新聞)
党首討論、17日で大筋合意(時事通信)
[PR]
by 6gklfrkmfe | 2010-02-05 04:03


<志布志市長選>現職の本田修一氏が再選(毎日新聞)

 志布志市長選(鹿児島県)は本田修一氏(61)が再選。旧志布志町長の慶田泰輔氏(64)を破る。投票率は80.57%。

 確定得票数次の通り。

当11871 本田 修一=無現<2>

 10454 慶田 泰輔=無新

学生音コン 入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)
作家・佐々木譲 東京が舞台では書けなかった(産経新聞)
新幹線、停電で運転ストップ=新横浜−小田原間で沿線火災(時事通信)
<雑記帳>大井川鉄道で「受験生応援SL」運行 静岡・島田(毎日新聞)
東海道新幹線 乗客缶詰めなぜ 「再開遅れる」避難見送り(産経新聞)
[PR]
by 6gklfrkmfe | 2010-02-04 05:19


公明、太田前代表衆院選へ(産経新聞)

 公明党は2日、夏の参院選比例代表での擁立を決定していた太田昭宏前代表(64)を次期衆院選に立候補させる方針を決めた。

 太田氏は昨年8月の衆院選で東京12区から立候補したが、民主党の青木愛衆院議員に敗れ落選。昨年12月に、「任期中に66歳を超える場合は公認しない」という党の定年制の例外扱いとして参院選比例代表として昨年12月に公認していた。

【関連記事】
参院比例「個人名ではなく党名で」 公明党が新方針
公明、参院選挙区の現職を比例に鞍替え
公明代表に山口氏 新体制が始動
公明党三役人事が内定 代表・山口氏、幹事長は井上氏、北側氏は来年参院選に出馬へ
公明党の太田代表、衆院選の敗北を受け代表辞任

官房長官は発言撤回を=社民・照屋氏(時事通信)
「らき☆すた」より面白い!?桃太郎“裏・聖地巡礼”(産経新聞)
双子のヤギ 和歌山公園動物園ですくすく(産経新聞)
温室ガス 政府、「条件付き25%削減」を確認(産経新聞)
<陸山会土地購入>石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁(毎日新聞)
[PR]
by 6gklfrkmfe | 2010-02-03 06:19


平均保険料9.34%に引き上げ=都道府県別料率を了承−協会けんぽ(時事通信)

 全国健康保険協会は27日、中小企業のサラリーマンが加入する全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の2010年度の都道府県別保険料率を了承した。全国平均では現行の8.2%(労使折半)から9.34%への引き上げとなり、平均的な年収(約370万円)の場合、本人負担は年間約2万1000円増える。
 全国一律だった協会けんぽの保険料率は、09年10月納付分から地域の医療費を反映させて都道府県ごとに設定されることになった。ただ、地域間格差を和らげるため、当面は激変緩和措置が講じられている。
 保険料率が最も高いのは北海道の9.42%。逆に最も低いのは長野の9.26%。格差は現行の0.11%から0.16%に拡大する。金額ベースでは年間約3000円の差が付く。 

産経の経済ニュースを携帯に送信 ソフトバンク(産経新聞)
<地震>宮城県南部で震度4 午後1時29分(毎日新聞)
バイク販売めぐりトラブル 集団暴行容疑で少年4人逮捕(産経新聞)
<火災>民家全焼 焼け跡から遺体 千葉・四街道(毎日新聞)
「これで沈静化して」…民主議員、言葉少な(読売新聞)
[PR]
by 6gklfrkmfe | 2010-02-02 08:59

    

薬剤師ですこんにちわ!是非見てってください。
by 6gklfrkmfe
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧